全国の花火大会の日程や穴場情報などを紹介!

花火おやじ

花火大会

第56回西日本大濠花火大会2018!穴場でおすすめスポットと日程・有料チケット情報など

更新日:

 

福岡の夏の風物詩として人気が高い大濠花火大会
福岡市の大濠公園で開催される、この花火大会は毎年45万人の人出で溢れかえり
約6000発の花火が夜空へ打ち上がります。

まず押えておきたい、大濠花火大会の2018年の日程は8月1日(水)になります。

平日といっても毎年約45万人以上が押し寄せる人気の花火大会です。
当日は多くの観光客が押し寄せ、混雑になる恐れが予想されますので早めに足を運ぶようにしましょう。

 

「大濠花火大会」開催日と場所

第56回西日本大濠花火大会

開催日時:2018年8月1日(水)20:00~21:30
荒天時は2018年8月2日(木)に延期
開催場所:福岡県福岡市中央区 / 大濠公園

開催日時 2018年8月1日(水)20:00~21:30
荒天の場合 荒天時は2018年8月2日(木)に延期
打上玉数 約6,000発(予定)
打ち上げ場所 打ち上げ場所を地図で見る
交通:福岡市地下鉄大濠公園駅すぐ
福岡市地下鉄六本松駅から徒歩10分
駐車場 ×
交通規制 あり(おおよそ19:00~23:00ごろ)
トイレ 公衆トイレあり
問い合わせ先 0180-99-3895
開催可否に関する自動音声案内(7月31日(火)~8月2日(木))
有料席 平和台陸上競技場:エリア入場券1200円(大人、自由席)、600円(小人、自由席)
一般発売は7月1日(日)~販売予定。
残っていれば当日券あり。※ファミリーマートで販売

 

アクセスや駐車場情報について

大濠花火大会に遠方から行く場合、気になるのがアクセスや駐車情報。
場所が福岡市で開催されることもあり、人出も多いことから早めにチェックしておきたいところ。
そこでここでは大濠花火大会のアクセスや駐車場情報をまとめてご紹介します。
まずアクセスについては下記の通りです。

・徒歩の場合

福岡市営地下鉄「大濠公園駅」徒歩3分
福岡市営地下鉄「六本松駅」徒歩10分
空港線「唐人町駅」徒歩5分
上毛電気鉄道「赤坂駅」徒歩7分
西鉄バス「黒門・大濠公園」バス停から徒歩5分

 

・車の場合

次に大濠花火大会周辺の駐車場についてですが、福岡市ということもあり、かなりの駐車場が存在します。
無料で駐車できるスペースはありませんので車で行く場合は有料を覚悟しておきましょう。

車で行く場合は午後3時頃までに駐車することをおすすめします。
交通規制・人の混雑で、渋滞が発生するのでできるだけ早めに駐車してくださいね。

穴場の駐車場は、天神西通りの駐車場。1,000円で長時間駐車できます。
JR博多駅、又は天神周辺の駐車場に駐車して、電車で行くのがオススメです。

正直なところ、車より徒歩をおすすめします。
平日といってもとにかくかなり人が多い花火大会です。
できるだけ徒歩で場所取りも含めて早めに足を運ぶようにしてくださいね。
車同様、徒歩も時間帯は3時頃がおすすめです。

 

 

大濠公園花火大会の場所取りについて

場所取りは当日しか出来ません。

7月31日の夜中24時になると、場所取りされているシートやテープは剥がされます。
なので、31日の夜中の24時の時点でその場所にいるか、8月1日の早朝から場所取りをする必要があります。

※シートなどはガムテープやペグなどは使用できません。
 砂を入れたビニール袋の重しや、水が入ったペットボトル等でシートを押さえてください。

 

 

大濠花火大会の花火が楽しめるおすすめの穴場スポット

 

①博多ポートタワー

地上100メートルのポートタワーから見る花火は、まさにデートスポットにおすすめです。
綺麗にみえる花火を見ながら、ゆったりと心地よい空間を味わうことができます。

 

②福岡ヤフオク!ドーム

福岡ドームも大濠公園花火大会を観賞する定番人気スポットです。
福岡市民なら誰でも思いつきますが、大濠公園周辺と比較すると混雑はゆるやかです。
できるだけ混雑を避けたい方は、福岡ドームでの花火観賞を検討してもよいかもしれません。

 

③ヒルトン福岡シーホーク

福岡タワーの横にある高層ホテルヒルトン福岡シーホーク。
このホテルの高層から花火を見ることが出来ます。
福岡の夜景と花火がコラボする景色はまさに贅沢なひと時。
ちょっとリッチな花火大会を味わいたい方におすすめのスポットです。

 

④福岡タワー

福岡を代表する福岡タワー。

夜景を楽しみながら大濠花火大会の花火を楽しめる絶好のスポットです。
福岡の夜景と花火を同時に、ゆっくり楽しむことができます。

 

⑤舞鶴公園

大濠花火大会会場から徒歩15分ほどの場所にある舞鶴公園。
人出が多い大濠公園と違い人が少なく、落ち着いて花火が沢山見れるおすすめのスポットです。

 

⑥片江展望台

大濠花火大会会場からかなり離れた場所にありますが
こちらは福岡の夜景・花火を一緒に味わうことができるおすすめの穴場スポットです。

夜景だけを見るために来る人も多いので、当日は多くの方が押し寄せる可能性が高いでしょう。
駐車場も少ないので足を運ぶ際は早めに行くことをおすすめします。

 

⑦南公園


公園自体が丘陵地帯になっていて、公園内にある植物園内展望台。
また、福岡市を一望できる西展望台もあり、夜景を見ながら花火を見れる穴場スポットです。

 

⑧護国神社の芝生広場

会場の大濠公園から国体道路を一本隔てて護国神社があります。
割と展望が良いので穴場スポットとしておすすめです。

 

2018年の大濠花火大会の日程や駐車場に穴場スポットをまとめてみましたがいかがでしたか。

福岡の中でも特に人出が多い、大濠花火大会。
当日までまだまだ時間がありますので今のうちに計画して楽しむようにしてくださいね。
穴場スポットについては引続き分かり次第、追記していきます。

 

 

 




-花火大会

Copyright© 花火おやじ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.