全国の花火大会の日程や穴場情報などを紹介!

花火おやじ

花火大会

江東花火大会2018!穴場スポットは?日程・有料チケット情報など

更新日:

江東花火大会は、荒川の河川敷で行われる大迫力の花火大会です!

荒川に浮かべた台船から打ち上げられるため、
打ち上げ台から観覧場所までがわずか150mしか離れていないのが特徴です。

これほどまでに大迫力な花火大会ですが、実は有料席は無いんです
打ち上げ数が4000発と都内の花火としてはやや少なめなせいか、

激混みで場所取りが大変!っと言うことはなく、比較的場所を確保しやすいので
みんな好きなように、芝生の広場や護岸などにシートを敷いて楽しむ事が出来る
まさに江戸の夏、江東の夏です!

そんな下町情緒をたっぷり味わえる「江東花日大会」ですが
穴場スポットは有るんでしょうか?

江東花火大会の開催日程やアクセス方法、穴場スポットなどをご紹介しましょう!

「第36回江東花火大会」の基本情報

第36回江東花火大会の開催概要をお知らせします。

開催日時 2018年8月1日(土)19:30~20:30
荒天の場合 荒天時(風速7メートル以上)等の場合は中止します。
(順延日なし)
打上玉数 約4,000発
前年の入出 約30万人
会  場 荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)
有料席 なし
交通規制 ※詳細は下記をご確認ください。
問い合わせ先  TEL:03-3647-4963 FAX:03-3647-8441
江東区地域振興課区民交流担当

 

主催者からのお願い

① 入退場時は急な階段・坂道に多くの人が殺到します。
大変危険ですので、係員の誘導に従いゆっくりとお進みください。

② 会場内および地域の美化と禁煙にご協力をお願いいたします
ごみはご自宅までお持ち帰りください。

③ 会場周辺に駐車場はありません。公共交通機関または自転車をご利用ください
※ 自転車でお越しの場合は、葛西橋下および清砂大橋下に臨時駐輪場があります。

周辺交通規制

会場周辺は、午後5時30分から午後9時30分まで車両通行止め
土手通りは午後3時から午後9時30分まで車両通行止め
※「葛西橋」・「清砂大橋」は通行できます。

禁止事項(当日やって欲しく無いこと)

① 前日以前からの場所取り(設営の妨げになるうえ、芝生を傷めるおそれがあります)
② スプレー等を使用した場所取り(芝生を傷めるため禁止しております)
③ 小型無人飛行機(ドローン等)の飛行行為
④ まわりの方の迷惑となるような大声や挙動
⑤ 危険物の持ち込み
⑥ 玩具花火等の使用
⑦ 露店の出店、物品の販売や配布等の営業行為
⑧ 会場周辺道路への迷惑駐車
⑨ 関係者以外の車両による会場内への進入

「第36回江東花火大会」の開催日と時間

第36回江東花火大会は、2018年8月1日(水)に開催されます。

19:30~20:30の60分間に、約4,000発が荒川の水面を彩ります!

当日は、多少の雨でも打ち上げますが、荒天の場合は残念ですが中止となります。

詳しい大会当日の開催状況は江東区地域振興課区民交流担当(TEL.03-3647-4963)に問い合わせてください。

「第36回江東花火大会」の打ち上げ場所は?

打ち上げ場所

打ち上げ場所は葛西橋と清砂大橋に挟まれた江東区側の水面です。

花火大会会場の正面に浮かべた台船からの打ち上げで
観覧席から150mほどしか離れていません。

風向きによっては、花火のカスが降り注ぐほどの距離で
とにかく大迫力で見応えたっぷり!

アクセス方法は?

当日は、交通規制されるので、車でのお越しは控えてください。

最寄りのコインパーキングもすぐに無くなってしまうので
「なんとかなるでしょ!」とは思わず、電車でお越しください!

最寄りの駅

東京メトロ東西線 南砂町駅から徒歩15分

都バス利用の場合

JR亀戸駅から(乗車場所:亀戸駅北口)

◯ 亀21(東陽町駅前行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
◯ 亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
◯ 亀29(西葛西駅前・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 西大島駅から

乗車場所:A3出口側の新大橋通り沿い
亀24(大島駅経由・東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
乗車場所:A4出口側の明治通り沿い
◯ 両28(境川経由・東砂6丁目行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
◯ 亀29(西葛西駅前・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 大島駅から

乗車場所:A6出口側の丸八通り沿い

◯ 亀21(東陽町駅前行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

乗車場所:A2出口側の新大橋通り沿い
◯ 亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 東大島駅から

乗車場所:大島口側の番所橋通り沿い。停留所名は「東大島駅入口」

◯ 亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
乗車場所:駅前ロータリー内 1番乗り場

◯ 門21(門前仲町行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

清澄・白河・扇橋方面から

◯ 秋26(葛西駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

電車でのお越しの場合のテクニック

基本はやはり最寄りの駅からのアクセスになりますが、

「帰りの切符」の購入で、駅がごった返します。

必ず駅に着いた時点で、帰りの切符を必ず購入しておきましょう!

もっとオススメは「Suica」や「pasmo」をご使用ください!

自家用車でお越しの場合

会場へは東京メトロ東西線の南砂町駅から徒歩かバスをご利用ください。

交通規制のため、会場周辺への乗り入れができないのはもちろんのこと、
周辺有料駐車場もすぐに満車となります。

一度満車になると、ほとんど花火が終了するまで空きは出ません。

「行けば何とかなるだろう」と思わないで、公共交通機関を使いましょう!

ビールも飲めますしね!

有料席情報

こちらの「江東花火大会」では有料席はありません。
なので各々で好きな場所で席を確保して楽しみましょう!

ちなみに、砂町水辺公園やその近くで花火が見たい方は、
日中の早い時間帯に場所取りをしましょう!

ただし、最も混雑が予想される砂町水辺公園の中央以外、
公園の上流側及び下流側は比較的空いていて、
午後を過ぎても場所取りが可能なことがあります。

さらに、対岸となる西葛西川の首都高下の土手も、
夕方に着いても空いている場所を見つけやすいスポットです。

江東花火大会の穴場スポット

葛西橋通り付近(江東区側)

会場から上流側に上がったところにある穴場スポット!
南砂町駅から離れているので比較的空いている穴場です。

首都高速下

荒川上を走っている首都高速中央環状線の下からの花火が以外と綺麗です。
範囲もかなり広く、ゆったりと花火を鑑賞することができます。

花火会場から北上するので、人が少なくて快適な穴場スポットです。

荒川砂町水辺公園

ここは比較的場所が空いていることがある、穴場的な場所!
18時頃到着でもシートを広げられるほど場所が空いていることがあります。

でも、そもそもこの花火大会自体が穴場なんですけど。

清砂大橋

基本的に立ち見になります。北側に花火、南側に葛西臨海公園のライトアップされた観覧車が見える穴場スポット。

場所取りの必要はなく、打ち上げ直前に行っても見ることができますが、
橋の上なので十分気をつけて観覧してください。

清新町サイクリング・ジョギング・お散歩コース

西葛西駅で降りて清新町方面の中川にあるサイクリング、ウォ-キングコ-スのエリアまで行ければバッチリ見えます。

花火大会で役に立つ便利アイテム

夏の花火大会を楽しむために持っておきたい便利グッズ!

これさえあれば、花火を楽しむことができます。

① 日焼けクリーム
日没前から会場で待つので、日焼け止めは欠かせません。

② 虫除けスプレー or クリーム
水辺の近くなので、蚊が多く発生します。
耳元で「ぷ〜ん」っと来ると気分台無しですよね。

③ 折りたたみクッション

これが以外と便利。
ちょっとした所で座る時に長時間だとお尻が痛くなります。

持ち運びも便利で、絶対に重宝します!

まとめ

都内の花火大会としてはやや少なめの4000発ですが、
下町情緒あふれる、どこかホッとする雰囲気の中で
古き良き東京を満喫するのもいいかもしれません。




-花火大会

Copyright© 花火おやじ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.