全国の花火大会の日程や穴場情報などを紹介!

花火おやじ

花火大会

第40回足立の花火2018!穴場でおすすめスポットと日程・有料チケット情報など

投稿日:

いよいよ2018年、夏も近づき花火の季節がやって来ました!
毎年恒例の東京で最も早く開催される花火大会が「足立の花火」です。

今年は、記念すべき第40回大会で、
打ち上げ時間60分の間に1万3600発のも花火が次々と豪快に上がります。

カウントダウン直後の400発の一斉打ち上げや、Wナイアガラなど
今年初の「花火始め」としては十分すぎるくらいの大迫力です!!!
しかも、ゆったりと河川敷で鑑賞できるのも、ここの特徴です。

そんな「足立の花火」の穴場スポットから日程や有料チケット情報などをご紹介します!
あらかじめチェックしてゆったり楽しく鑑賞しましょう!

「足立の花火」開催日と会場

開催日時  : 2018年7月21日(土) 19:30〜20:30
荒天の場合 : 荒天時は中止
開催場所  : 荒川河川敷(東京メトロ千代田線の鉄橋から西新井橋の間)

※ 画面をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

打ち上げ数   : 約1万3600発
昨年の来場者数 : 66万人
問い合わせ先  : 03-3880-0039(お問い合わせコールあだち)
公衆トイレ   : 約300基 会場全体に、約26ヶ所に設置してあります。
障害者用トイレも3ヶ所あります。

足立の花火の打ち上げ場所

西新井橋と千住新橋のほぼ中央の南側(千住側)が打ち上げ場所となります。

 

会場までのアクセス

電車でのアクセス

【 堤南側 】千住側
◯地下鉄(千代田線・日比谷線)「北千住駅」 4番出口から徒歩17分
◯JR・東武鉄道・つくばエクスプレス「北千住駅」から徒歩18分

【 堤北側 】西新井側
◯東武伊勢崎線・日光線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」から徒歩25分

自家用車でのアクセス

当日は、会場周辺は18:00〜22:00まで交通規制により、荒川河川敷周辺にて車両通行禁止が行われますのでご注意ください。
マイカーでお越しの場合は、有料駐車場に駐車されから徒歩にて来場してください。

※ 画面をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

当日の交通規制

◯ 首都高速中央環状線(内回り・外回り)
千住新橋出入口閉鎖
午後6時~午後10時頃

◯ 通行禁止区域(一般道路)
上図「通行禁止区域」の通り
午後6時~午後10時頃(一部区域は、午後4時30分から通行禁止となります)

詳しくは「あだち観光ネット」を確認してください。

「あだち観光ネット」はこちら

自転車でのアクセス

当日、自転での来場は自粛を呼び掛けています。
尚、臨時駐輪場の準備がされていますので、そちらをご利用ください。
詳しくは「あだち観光ネット」を確認してください。

「あだち観光ネット」はこちら

無料で楽しめる「穴場スポット」

「足立の花火」は、河川敷での打ち上げとなりますので、穴場スポットがいろいろとあります。もちろん打ち上げ場所の正面が一番人気ですが、人混みがすごくゆっくりと鑑賞することができません。
そこで、オススメなのが、無料でも楽しめる「穴場スポット」です。
ここでチェックして、当日はゆっくり落ち着いて花火を鑑賞しましょう!

穴場 ① 荒川西新井橋緑地(地図上の⑰〜⑱番近辺)

打ち上げ場所の正面右側に位置し、穴場スポットとしては人気があります。

穴場 ② 高砂野球場

ここは、千住新橋越しに打ち上げ場所を見る位置にありますが、野球場なので十分すぎるほどの広さがあります。

穴場 ③ 梅本グランド

ここは、西新井橋越しに打ち上げ場所を見る位置にあり、少し視界に橋が入ります。
ですが臨場感は抜群です!

穴場 ④ 千住新橋野球場

ここは、千住新橋越しに打ち上げ場所を見る位置にあり、少し視界に橋が入ります。
ですが臨場感は抜群です!

穴場 ⑤ 虹の広場(荒川河川敷)

ここは、西新井橋越しに打ち上げ場所を見る位置にあり、少し視界に橋が入ります。

有料観覧席のご案内

「足立の花火」では、有料観覧席があります。有料だけあって、正面席、対面席と特等席での鑑賞となります。
また、大会プログラムにある音楽に合わせた花火も楽しむことができます。
注意:2018年6月29日現在 シングルシートを除く全ての席種は完売しました。

購入方法

全国のセブンーイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあ店舗の店頭購入のほか、
チケットぴあのホームページまたは電話での購入が可能です。

販売期間

平成30年6月23日午前10時〜平成30年7月20日午後11時59分
※ ただし、売切れ次第終了

インターネットまたはお電話での申込先

WEB申込:http://w.pia.jp/t/adachi-hanabi/
電 話 申 込:0570-02-9999
P コ ー ド:639-413

金  額

観覧場所 エリア 席種 販売数 金額
有料観覧席A 千住側 シングルシート(1人席) 1,492席 5,000円
有料観覧席B 西新井側 ベンチシート(3人席) 120セット 12,000円
有料観覧席B 西新井側 ガーデンチェア(4人席) 60セット 18,000円
有料観覧席C 西新井側 ペアシート(2人席) 160セット 7,000円
有料観覧席C 西新井側 トリプルシート(3人席) 110セット 10,500円

※金額については、チケット発行手数料がかかります。詳しくは、チケットぴあにお問い合わせください。
電話:0570-02-9111
ホームページ:http://t.pia.jp/guide/retail.js

足立の花火の屋台情報

「足立の花火」では、屋台の出店許可が出ないため屋台は出ません。

残念ですね・・・
当日は、近くのスーパーやコンビニをご利用ください。
でも、大会会場から2〜3駅離れたところで購入することをお勧めします。

花火大会で役に立つ便利アイテム

夏の花火大会を楽しむために持っておきたい便利グッズ!
これさえあれば、花火を楽しむことができます。

① 日焼けクリーム
日没前から会場で待つので、日焼け止めは欠かせません。

② 虫除けスプレー or クリーム
水辺の近くなので、蚊が多く発生します。
耳元で「ぷ〜ん」っと来ると気分台無しですよね。

③ 折りたたみクッション

引用元:販促の女神

これが以外と便利。
ちょっとした所で座る時に長時間だとお尻が痛くなります。
持ち運びも便利で、絶対に重宝します!

まとめ

東京地区で先頭を切ってスタートする花火大会!
今年は40周年大会と言うこともあって、特別な大会になります。
チケットは、残りわずかと大盛況です!
「足立の花火」に行って東京の夏を堪能してください!




-花火大会

Copyright© 花火おやじ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.